前へ
次へ

周りに比べて賃料が高い時の値下げ交渉

新築物件といえば非常に人気があり、周辺より相場が高くてもすぐに入居者が決まるケースがあります。
新築のメリットとして新しい設備を使えるなどがあり、立地も良ければそのまま長く住み続ける人もいるでしょう。
ある人は新築時から10年以上利用していて、現在は入居時より少し高い賃料を払っていました。
あるときその物件と同じ居室の募集が出ているのを見かけ賃料を見たところ自分が払っている賃料よりかなり下がっていることを知ります。
既に新築、築浅物件と言える状態ではなく、周辺にある他の物件に対して何らかのメリットがあるわけではありません。
入居者を集めるためにもどんどん賃料を下げたのでしょう。
良く貸主から賃料が上る申し出を受けるかどうかがありますが、それ以外に借主が賃料の値引きの申し出をすることもあります。
まずは直接貸主に相談をして、それでもダメなら調停や裁判をする方法もあります。
今の賃料が周辺の相場に比べて異常に高いのであれば下げてもらえる可能性があるでしょう。

Page Top