前へ
次へ

利用したい物件の隣の部屋の状況が気になるとき

アパートやマンションなどの集合住宅では通常はその中の一室を利用するでしょう。
空き等があるときは不動産屋がその物件の内覧をさせてくれたりします。
そして気になることなどを質問すれば答えてくれるでしょう。
不動産屋は物件を知らせるときにはいろいろな情報を提供する義務があり、その中にはいい情報も良くない情報もあります。
集合住宅においていい部屋が見つかり内覧をしたときにも特に問題がなかったとします。
それだけなら後は契約をするだけですが何か少し気になる点がありそのことを不動産屋に質問したとします。
しかし不動産屋は顔をしかめてそのことの情報は提供できないの一点張りです。
どんな情報を聞いても教えてもらえないかです。
不動産業者が伝える情報は案内する物件の情報のみであってその周りの物件の情報は教えてくれません。
隣に問題のある住人がいたり、隣の部屋で過去にトラブルがあって長く入居者がいない状態であってもその情報は教えてもらえません。
この情報を教えなくても業者は違反にならないので、入居後周りの人から聞いてびっくりするときもあるでしょう。

Page Top