前へ
次へ

1つの不動産を複数人で相続する方法

金融財産なら簡単に分けて相続できますが、不動産はお金のような感覚で手軽に分けるのは不可能です。
そのため1つの不動産を複数人で相続する場合は、共同名義で登記するという方法があります。
ですがこの方法では不動産を売却する際、通常より多くの手間が掛かり何かと大変です。
そこで土地を分筆して、個別に相続するケースも少なくありません。
土地は1つの塊として登録されている場合でも、分筆という登記手続きを行うことで独立した2つの土地に分けられます。
すると、それぞれ単独名義で登記できるようになり、売買も所有者の一存で可能になる訳です。
しかし相続人が多ければ分筆を繰り返す必要があり、測量も行わねばならないことから、場合によっては大きなお金が必要になります。
なので分筆が適さない時は、換価分割で相続するケースも少なくありません。
これは相続した不動産を売り、現金化してから分け合う方法です。
換金するので複数人でも簡単に分配できるほか、相続割合を調整するのも容易になります。

Page Top